赤魚のみぞれ煮と豆ごはん

もうすぐ夏がやってくる。。。

ん。。。?もう半袖で過ごしてるか

”夏が来る前に体を引き締めよ”と毎年決意するけどいつの間にか夏がやってきてます。

 

身体を引き締めるにはやはりたんぱく質を摂る事が大切。

たんぱく質には動物性と植物性があるけど両方から摂ると摂りすぎや足りない栄養素がなくなり、きれいに筋肉をつけることができます。

今日の献立は動物性の赤魚と植物性のグリンピースからたんぱく質が摂れるごはんです。

 

 

 

 

 

 

出しを含んだふわふわの煮汁をご飯に乗せて食べるととってもおいしかったです。

レシピはこちら☟

 

 

『赤魚のみぞれ煮』

<材料 2人分>

 

赤魚    2切れ

酒     大さじ2

片栗粉   大さじ3

オリーブオイル 大さじ1

 大根   20センチ

 生姜   1かけ

 八方出し 大さじ2

 みりん  大さじ1

 

添えの野菜 ブロッコリー、三つ葉、貝割れ、ねぎなど

 

 

<作り方>

➀バットに赤魚を並べ、酒を加え10分ほど置き臭みを抜く。

大根と生姜はすりおろしザルにあげておく。(細かくすると仕上がりもふわふわの食感に。)

赤魚をペーパータオルでふき、片栗粉をまぶす。オイルをひいたフライパンで両面こんがりと焼く。

だ峙の両面がこんがりと焼けたらペーパータオルで油を拭きとり、Aを加える。

 水分が少ない場合は水を加え落し蓋をして中火で中心まで火を通す。

ヂ膾おろしとしょうがを加えさっと火を通し、すぐに火を止める。器に盛り、添えの野菜を飾り完成。

 

 

 

 

春の野菜”ふき”と油揚げの煮込み

かまぼこと小松菜わさび和え

野菜たっぷりお吸い物

 

 

最近ヨーグルトメーカーを買いました。

早速、牛乳や豆乳でヨーグルトを作りました。 

酸っぱさが少なく食べやすいヨーグルトができました。

いつも炊飯器で甘酒を作っているのですが、その間は炊飯器を使えないし、蓋を開けたり温度調節をしたりしていたけど、今度からはヨーグルトメーカーにいれてほっとけるので助かります。ハート