ベイビー野菜とお刺身の韓国風サラダ

 

 

こんにちは、管理栄養士でフードスタイリストのこいえじゅんこです。

 

梅雨を目前に昨日、庭の木の剪定と草むしりを頑張りすぎて、体中が痛い日曜日です。

次男が先週から水疱瘡にかかってしまい、夜中も”かゆいかゆい”とうなされているのを見て、水疱瘡ってこんなにも辛かったかなと自分の子供の頃の記憶をさかのぼってみるも、まったく水疱瘡をやった記憶がなく、、、

大人になってからの水疱瘡は大変と聞き主人と私はちょっと警戒中の日々です。

水疱瘡も胃腸風邪も流行っているとのこと、皆様もお気を付けくださいね(*´Д`)

 

 

お天気が悪いとなんとなくやる気が出ず、外に出るのも億劫になりませんか?

梅雨が明けると、暑ーい夏がやってきます。その前に暑さに負けない栄養を蓄えておきましょう!

 

春から初夏に出回る初ガツオはまぐろに次ぐたんぱく質の宝庫です。その他にビタミンB群や鉄、DHAやEPAも豊富に含まれていますが、特にナイアシンの含有量は魚類の中でもトップクラスです。ナイアシンはエネルギーの代謝を高め、血液循環を促進し、脳神経の働きを活発にしイライラを防止し精神安定に働きます。

またビタミンB12もたっぷり含まれており、葉酸とともに立ちくらみ、めまい、頭痛といった貧血症状の予防や、神経細胞内の核酸などの合成や修復を助け、倦怠感やうつ、動悸などの症状も改善する働きがあります。

 

梅雨に感じる気持ちの揺らぎには旬の鰹を食べ、キラキラな夏を迎える準備をしましょう♪

たっぷりのベイビー野菜やトマト、かぼちゃと一緒にオリーブオイルのドレッシングで和え、豆板醤や甜麺醤でピリ辛にすると夏向きのメニューになります。

あったかご飯にのせてもいいですね。