ビタミンCでからだ元気!野菜ひとつだけレシピ『ブロッコリーのたらこクリームパスタ』

こんにちは!管理栄養士でフードスタイリストのこいえじゅんこです。

 

黄色く熟した梅を塩漬けにし、梅酢が上がるのを待っている間に、この前漬けた梅サワーとりんごサワーが出来上がり、毎日日替わりで飲んでいます(*^-^*)。

酸っぱいものが大好きな子供たちは学校行く前に一杯、学校から汗だくで帰ってもう一杯と梅を6キロ分漬けたのですが、あっという間になくなってしまいそうです。残った梅はつぶしてジャムにするのが毎年の”梅仕事”です。

 

梅や酢やレモンには”クエン酸”がたっぷり含まれています。クエン酸の働きは体内で発生した酸性物質と結合し、物質を分解してエネルギーに変え、疲労回復やダイエットに効果が期待できます。鉄やカルシウムなどの吸収を良くする効果もあり、めまいを起こす貧血の予防や骨粗しょう症の予防にもなります。

梅干しや梅ジュースなど、暑い夏はクエン酸を摂って乗り切りましょう!!

 

疲れている時に摂ってもらいたい栄養素の一つに”ビタミンC”があります。ビタミンCの働きは主に3つあります。一つ目は美肌に導く、二つ目は免疫力を高める、三つ目は心と身体の疲労回復を助けるです。

今回注目していただきたいのが三つ目の”心と身体の疲労回復効果”です。ビタミンCには強力な抗酸化作用があり活性酸素の働きを抑えて老化のスピードを緩め、サビにくく疲れにくい身体を作ってくれます。そしてドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質の合成やストレスから守ってくれる抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成にも関わっているため、ビタミンCが不足するとストレスに弱く心も身体も元気がなくなってしまいます。暑い寒いも身体にとってはストレスになります。緑黄色野菜やじゃがいもフルーツをたっぷり食べ、不足しないようにしましょう。

 

今日はビタミンCがたっぷりの”ブロッコリー”を使ったショートパスのご紹介です。

 

 

ブロッコリーのビタミンC含有量は、野菜の中でもトップクラスで、カロテンやビタミンEも多く含まれているため抗酸化力が高い野菜です。そしてがん予防効果があると期待されている”スルフォラファン”も含まれています。

葉酸も豊富なので赤ちゃんを望んでいる方や妊婦さんは特におすすめ食材です。

また女性ホルモンに似た働きをするフラボノイドも含むため、更年期障害の症状緩和に期待ができ、女性にとってはうれしい効果がたくさんですね♡

 

『ブロッコリーのたらこクリームパスタ』

 

<材料 2人分>

 

ブロッコリー    1/2房

A

辛子明太子     1/2腹

牛乳        50cc

塩         少々  

こしょう      少々

 

ショートパスタ   200g

塩         適宜

 

<作り方>

➀ブロッコリーを流水で良く洗い、小房に切り分ける。(この時、小さい小房に分けておくとパスタとのなじみが良くなります。)たっぷりの熱湯に塩を小さじ1/2入れ茹でる。柔らかくなったら取り出しザルに上げておく。

同じ湯でパスタを茹でる。薄い塩水くらいの塩加減になるよう塩を加え、表示通りに茹でる。

パスタを茹ででいる間にパスタソースを作る。薄皮を包丁で取り除いたたらこと牛乳をボウルに入れよく混ぜる、塩、こしょうで味を整える。

ぅ僖好織宗璽垢縫屮蹈奪灰蝓爾疲Г任△ったパスタを加え、少しブロッコリーをつぶしながらよく絡ませ完成♡

 

 

 

 

 

 

先週からお兄ちゃんが水疱瘡にかかり、全身に湿疹が出て『かゆい〜』ともがいてます。。。

小学校入る前に予防接種もしているので軽く済むかと油断していました(^_^;)が、かなりのぶつぶつ感。

かさぶたになるまで学校にも行けないので、このときばかりと長男との時間を楽しむ私です♡

 

ではまた(*^。^*)

 

コメント