ねばねば夏野菜で不快な”むくみを改善”

こんにちは!管理栄養士でフードスタイリストのこいえじゅんこです。

 

関東は早くも梅雨明けをしましたね!!ムシムシ暑い夏本番の始まりですが、私は夏休みの旅行や花火大会、夏祭りなど楽しいイベントがいっぱいなので夏は大好きです♡

夏のイベントを楽しむために身体は元気いっぱいでいたいですね。

夏の身体の不調の一つに”むくみ”はないですか?暑い外からエアコンの効いた室内に入り、長時間の会議などで座りっぱなしで足は冷え冷えになり、夕方にはパンパンにむくんでしまうことも。。。

 

 

 

汗をかくと身体は塩分と水分を欲し、スポーツ飲料やアイスコーヒー、お茶などの水分を多く摂り、塩気の多いものが食べたくなります。過剰な水分と塩分は”むくみ”の原因になり、高血圧を招き脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなるので注意が必要です!!

もちろん暑い夏を乗り切るには塩分も水分も必要ですが、余分なものは外に出し、塩分と水分の調節をしていきましょう。

 

 

むくみ解消に大切な栄養素は”カリウム”です。カリウムはナトリウムの排出を促し体内の水分量を一定に保つために重要な働きをしています。現代の食生活は塩分過多で野菜不足なため、塩分と水分のバランスが悪くナトリウム量が多くなりがちです。血液のナトリウム量が多くなると高血圧になり血管し負担がかかり、傷つきやすくなります。そうならないためにカリウムが多く含まれた野菜や果物、海藻や魚介を積極的に食事に取り入れましょう。

またカリウムの他に”カルシウム””マグネシウム”不足もむくみの原因になります。

 

今日のおすすめレシピは暑い夏でも火を使わず作れ、カリウムたっぷりのねばねば食材を使った和え物です。

おつまみにもご飯にかけてもいただける便利な一皿です。

 

 

作り方はとっても簡単!!

皮を剥いた長いもを袋にいれ、すりこぎなどでお好みのサイズになるまで叩きます。

袋のはじを切りシソの上に長いもをのせ、海苔の佃煮をのせ完成です。

 

カリウムの含まれた長いもとマグシウムたっぷりの海苔がむくみを解消してくれます。またマグネシウムは便秘解消にも働くため、身体の中がすっきりします。

そうめんやおそばにかけてもおいしくいただけます。ぜひお試しください。

では、また♡

コメント