美BODYは丈夫な骨から『いわしと玉ねぎの南蛮漬け』

こんにちはきらきら

”和食好きを世界中に増やし、和食でダイエットの成功をサポートします” フードスタイリストで管理栄養士のこいえじゅんこです。

 

35歳から美BODYを作るためには筋肉をつけることも大切ですが、を強くすることも大切です。

骨量が増えるのは20歳くらいまで。

それ以降は骨の徐々に減っていき、女性は閉経を迎える50歳前後から急激に減少していきます。

骨量が減ると骨がもろくなり骨折や変形といったことも起こります。骨折や骨の変形は筋力が落ちるだけではなく、足の形が変わってしまうなど美BODYから遠ざかってしまう悲しいことにもなりかねません。

身体の骨組みを丈夫にし、筋肉をつけていくと事が大切です。

 

では骨を丈夫にするにはカルシウムだけ一生懸命摂っていたらよいでしょうか?

答えはもちろんNOですkyu

カルシウムと一緒に摂りたいビタミンが別名「サンシャイン・ビタミン」と呼ばれているビタミンDです。

ビタミンDはインフルエンザの発症リスクを低減や、大腸がんや乳がんなどのガンの予防に有効であるなど注目のビタミンですが、

カルシウムの吸収を促進するビタミンです。

 

今日はカルシウムとビタミンD両方含まれているいわしを使って日持ちもする南蛮漬けのレシピです。

 

いわしには筋肉の材料である良質なたんぱく質がたっぷり含まれているのでとってもおすすめな食材です矢印上

脂質の代謝をサポートしてくれるビタミンB2、疲労回復に必要な、悪性貧血を予防する「造血のビタミン」ビタミンB12も含まれています。美BODYを目指す方も肩こりに悩んでいる方お疲れの方にもおすすめ食材です。

 

 

『いわしと玉ねぎの南蛮漬け』

 

 

<材料> 2人分

いわし     4尾

塩 酒     各少々

小麦粉     大さじ2

オリーブオイル  適宜

玉ねぎ     1/2個

A

酢       大さじ3

砂糖      大さじ1

塩       小さじ1/2

薄口しょうゆ  小さじ1

 

大葉      2枚

黒コショウ 赤唐辛子はお好みで

 

<作り方>

➀いわしを3枚に卸し、塩、酒をふり10分ほど置いておく。

▲椒Ε襪Aを合わせそこにスライスした玉ねぎを入れ全体をよく合わせておく。

1のいわしの水分をペーパーでふき、小麦粉をまんべんなくまぶす。

ぅ侫薀ぅ僖鵑縫リーブオイルをひき、いわしを揚げ焼きしていく。両面こんがり焼けたら2に入れ味を染み込ませ完成。

 

すぐに食べてもおいしいですが、1〜2時間置くと味がなじんでよりおいしくなります。

 

いわしは魚の中でも調理しやすく手開きでも簡単に卸せるのでぜひお試しくださいゆう★

 

ではでは、今日も和食ごはんでみんな笑顔顔

コメント