発酵食品で美肌を作る一汁三菜献立

美肌を作るためには、腸内環境をいかに良い状態に保つかがカギと言っても良いほど腸と肌は関係しています。

腸内環境はひとりひとりの腸の中に住む善玉菌と悪玉菌、日和見菌の量やバランス、また生活スタイル、ストレスの度合いによって大きく違います。

年齢が上がるほど善玉菌が減り、悪玉菌が増え腸内環境が悪くなり便秘下痢といった悩みも多くなる傾向にあります。

特に便秘になると腸の中で毒素が発生し、血液に取り込まれ全身に巡り、それによって疲れやすい太りやすい肌が荒れると言った不調を招いてしまいます。

 

●便秘にもタイプがあるって知っていましたか?

自分のタイプを知り、身体に合った解消方法を実行することが大切です。

 

女性や高齢者に一番多いタイプ

☆弛緩性便秘

運動不足や筋肉が弱ってきて腸のぜん動運動が弱くなり便を送り出せなくなるタイプ

 

生活リズムが不規則な人、トイレをがまんする人

☆直腸性便秘

タイミング良くトイレに行けなくつい我慢してしまうことで便が直腸に到達していても脳に刺激がいかず、便意をもよおさないタイプ

 

ストレスが多い、下剤の乱用でなる

☆痙攣性便秘

ストレスや下剤の乱用で自律神経が乱れぜん動運動が強くなりすぎ便がスムーズに出ないタイプ

便秘と下痢を繰り返すことも・・

 

 

●では便秘解消して美肌を作るためには??

 

便秘解消にはこの4つが有効です。

食物繊維 良質なオイル マグネシウム 発酵食品

 

ですが、、、便秘のタイプによって改善方法も違います。

便秘解消に良いとされる食物繊維も痙攣性便秘には逆効果になることもあります!!ので注意してください。

 

しかし、食物繊維は糖質やコレステロールの吸収を抑制されるのでダイエットにも有効です。

食物繊維にも2種類あり、水に溶ける水溶性食物繊維は、腸の中で水と混じり合いゼリー状になり、反対に水に溶けない不溶性食物繊維は水分を吸収してふくらみ、腸の有害物質を吸着し便と一緒に外に出してくれます。

玄米や雑穀、大豆製品、芋類、海藻、きのこ、アボカドなどに含まれています。ダイエット、美肌のために積極的に摂ってくださいねハート

 

そして腸内環境を良くし美肌を目指すには発酵食品に大注目していただきたいです。

発酵食品には作る過程で菌を添加されたり、食材と塩と水で発酵したりと様々な作り方でたくさんの種類の菌が含まれていますが、中でも今注目は乳酸菌です。乳酸菌を毎日摂ることによって便秘解消になるだけでなく、インフルエンザの予防やアレルギー症状の緩和と言ったことも話題になっていますね。

乳酸菌と聞くとヨーグルトや乳酸菌飲料を思い浮かべるかと思いますが、味噌や醤油、納豆、かつお節、ぬか漬け、甘酒、酢やみりんと言った日本の昔ながらの食材にたくさんの乳酸菌が含まれているのです。しかも日本人の腸内に合った菌が摂れるので、それらを使った和食を中心に毎日の献立を和食8割洋中食2割の割合立てると腸がきれいになり肌にもうれしい効果がでてくると思います。

 

今夜はこれからが旬のあさりとそら豆に食物繊維たっぷりの根菜と海藻、発酵食品の味噌を使った一汁三菜の献立です。

 

 

 

そら豆はそのままコンロで真っ黒になるまで焼きました。

 

あさりは赤みそのお味噌汁に

 

さつまいも、れんこんは食物繊維とビタミンCたっぷり

 

 

それにわかめとアボカドをたっぷりのせたサラダを添えていただきますヤッタv

 

週末は2人の子供の野球の応援!!

子供が頑張っていることを夫婦で全力で応援することが家族の絆を深めてくれているように思います。

子供を育てている私が育てられている毎日。

春休みももうすぐ終わりなので今日は3人で映画を観に行ってきます♪

コメント